白髪染めの匂い

ツンとくる匂い

白髪染めが苦手な人の多くは、あのツンとくる匂いじゃないでしょうか。

 

私もあの匂いはとても苦手です。

 

ツンとくる匂いの原因はパラベンという防腐剤が入っているから。

 

美容室が使っている薬品や、市販製品は、どれも、この防腐剤や化学薬品が大量に使われています。
利尻ヘアカラートリートメントの場合は、髪や頭皮への負担をなくすために、添加物を一切使用していません。

 

その代わりに使われているのがウコンやクチナシといった天然由来の成分。

 

白髪染めの原理

髪の表面をコーディングして染めることにより、髪をいためずキューティクルを保護します。

 

美容室での髪染めにありがちな、「シャワーの時、髪がキシキシする」「指の通りが悪い」といったことがなくなります。

 

なぜなら、天然利尻昆布とローズマリーで、髪をトリートメントしてくれるからです。
北海道の利尻島の昆布に含まれる天然ミネラル、保湿アルギン酸、保水フコイダンが髪に潤いを与えます。